ヘルッペス

果たして性感染症の防止はできるか?

性感染症になりたくないという願いはおさらく誰しも持っているものです。

実際に性感染症なんてなりたいと誰も思っていない訳です。

一度性感染症にかかった人たちもきっと猛反省していることでしょう。

一体、性感染症にならないためにどんな点を注意すればいいのでしょうか。

みなさんもしっかり勉強していただきたいと思います。

実際に、性感染症にかからないためのいい方法があります。

それは、セックスを一切しない!ということです。

これがやっぱり一番手っ取り早い方法です。

これさへできるなら性感染症が撲滅できるかもしれないですよね。

でも実際にそれができるかどうかかは話しが別問題です。

やっぱり、性欲の問題はどうすることはできませんし、セックスは性欲以前、人類形成に関わる問題です。

実際に性感染症を防止する方法と言えばてやっぱり不特定多数のセックスを警戒するという面になります。

この不特定多数のセックスを試みる若い子たちのに手によって、 性感染症というものはどんどん感染して行ってしまったと言っても決して言い過ぎではありません。

昔の人たちのセックスは特定パートナーだけのセックスだった訳ですから。

そして、そういう不特定多数のセックスをしている若い子ほど、コンドームつけるのをおろそかにしているようです。

コンドームこそがやっぱり性感染症を防止する唯一の道具なのです。

セックスはコンドームが必須だという意識は常に持っていただきたいですね。

最近では、得にフェラチオという行為が一般的です。

このフェラチオがまた、性感染症を増加させている原因です。

女性は、フェラチオをすることにによって、喉に感染する人たちも多くいる訳です。

実際に、性感染症が喉にというイメージがなかなかみなさんにとって難しい問題なのかもしれないですよね。

フェラチオやクリニングスという行為をしないこと。これも性感染症の防止策です。

このあたりはしっかり一度考える問題なのかもしれません。

1年以内に8割以上再発するヘルペスウイルス!!

男性だって、はじめて発症した場合はちょっと緊張してしまうのではないでしょうか。ヘルペスウイルスは、患部の表面がちょっとヒリヒリした感じが起こります。

むずがゆいいう感じの人たちもいらっしゃるようです。

10日までの間に、赤いブツブツした感じが皮膚に現れてきます。

そして、赤いブツブツは破れ、ちょっと爛れたような感じになります。そして同時に、痛みが現れるケースも多いです。太もものリンパ節の腫れも起こるケースがあります。

亀頭や陰茎体部に症状が出るケースもあります。

更に、肛門周囲、直腸粘膜などにも広がります。

実際に感染しても症状ができない場合もあります。

そして、初感染と思っていたのに、それが二回目の再発の可能性もあります。

そういう時は症状が出てもそれほど重症化はしないと言われています。極く短い期間に治る場合が多いようです。

実際にそういう感じでヘルペスウイルスは、再発を繰り返すものなのです。

1年以内に8割以上が再発すると言われているものがヘルペスウイルスです。

私達の現代社会でストレスをためれば、よりヘルペスウイルスを再発させる可能性が高いと言われているのです。
過労、セックス、ストレス、体力の低下、そういうものが、ヘルペスウイルスを再発させます。

しかし、症状はそれほど心配する必要もありません。極々短い期間で症状は収まるでしょう。

女性の場合、水ぶくれ、潰瘍ができます。

そして、強い痛みを伴う場合もあります。リンパ節の腫れや痛みが出る場合もあります。

腟の入口とおしり、子宮頸管や膀胱に影響を及ぼす場合もあります。

しかし、女性も男性と同じで感染した時症状がなく、その後症状が出た場合、比較的軽い症状で終わるケースも稀ではありません。

ヘルペスウイルスは男性も女性も同じで、1年以内に8割以上再発するものなのです。